ブログ〜Blog〜

2017.06.09

虫避けスプレーにはちみつ🍯

 

皆様、こんにちは。

一般社団法人日本はちみつ美容協会 代表東出です。

早いものでもう6月に入り、梅雨入りですね。

暖かくて心地いい!と感じたのも束の間、少しジメッと感じるこの季節。

様々なお悩みが出てくるようですね。

そこで、今日はこの時期に繁殖勢力が強まる“蚊”についてその対策法をご紹介致します。

 

“蚊”といえば真夏のイメージですが、実は蚊が繁殖勢力を増すのはこの梅雨時期だと言われています。

25度~30度の気温が繁殖に適した温度でまた、蚊は水の溜まる場所に卵を産み付けるので

梅雨の時期に繁殖・増殖するようですね。

 

実は私も先日、娘と公園で遊んでいたら蚊に刺されたのです。

え、もう?と思ったけど、今が繁殖期だったなんて!と急いで虫除けスプレーを作っていたところでした。

 

公園では、虫除けスプレーをお子様にもご自身にも使っている方をよく目にします。

でもちょっと待って!

その虫よけスプレーの“使用上の注意”読んだことありますか?

 

よく読んで見るとこんな事が書かれています。

 

・漫然とした使用を避け、蚊、ブヨ等が多い戸外での使用等、必要な場合にのみ使用してください。

・6か月未満の乳児には使用しないでください。

・6か月~2歳未満は1日1回、2歳~12歳未満は1日1~3回を目安に使用してください。

・顔には使用しないでください。

・目の周囲や粘膜、傷口には使用しないでください。

 

あれ?何故、回数指定がされているのだろう?とふと疑問に思いませんか?

 

まして2歳未満は1日1回、12歳(小学校6年生)でも1日3回までと案外少ない気も致します。

その原因は『ディート』と呼ばれる化学物質にありました。

『ディート(DEET)』とは、虫などの忌避剤として使用される化学物質のことで、虫除けスプレーなどに使われています。なかでも蚊やダニなど吸血タイプの昆虫に対して高い効果があり、比較的安価なことから世界中で使用されている成分です。

が、これがまれに神経毒や皮膚炎を引き起こすので要注意です。

 

そこで、簡単にサッと作れて安全性の高い虫よけスプレーを作ってみませんか?

 

【用意するもの】

精製水・・・・・90ml

無水エタノール・・・・・10ml

ローズマリーはちみつ・・・・・5g

ローズマリー・・・・・10滴

 

【作り方】

  • スプレー容器にローズマリーはちみつ、無水エタノール、ローズマリーの精油を入れ、
  • 振って混ぜる。
  • 精製水を入れて、しっかりと撹拌させて混ぜ合わせて完成です

 

【使用方法】

衣類やお帽子などにふりかけてお使い下さい。

網戸などにふりかけると虫の侵入を防ぐことが出来ます。

 

※注意点※

・使用前によく振ってからお使いください。

・保管は冷蔵庫にて保管して下さい。

・1~2週間で使い切りましょう。

 

 

以上、いかがでしたか?

是非、お試し下さいね♪