ブログ〜Blog〜

2017.10.11

はちみつとの出会い(1)

はちみつとの出会い(1)

今から9年前、マヌカハニーを知人から紹介してもらいました。
当時の私は、はちみつといえばスーパーで売られている安いはちみつやアカシアやれんげなどのはちみつしか知らなかったので、マヌカハニーを初めて見た時あまりの色の濃さ、香り、その独特な味わいに驚き、感動したのを今でも鮮明に覚えています。

そして、マヌカハニーをご紹介くださった方から

「このはちみつは、ホントに美味しいんです」
「海外では、薬のように使われています」
「是非、ブランディングしてもらえませんか?」
「何か、広める方法を一緒に考えて下さい」

とのお話を頂きました。

マヌカハニーを知らなかった私は、マヌカハニーを一口舐めて今まで食べたことのない味と舌触りに感動すると共にとても興味を持ちました。
その日から、マヌカハニーについて調べ、話を聞きに行き、寝ても冷めてもマヌカハニーの事について考えるようになりました。

・マヌカハニーは、ニュージーランドの原住民族マオリ族が薬のように自分達の生活に使っていた事。
・研究がされ、抗菌・抗酸化力が他のはちみつより高く、特にピロリ菌に対して効果的だという事。
・海外では、古来より肌の修復にはちみつをパックしたり、傷口に塗ったり、火傷に塗ったりしていた事。

などを知ることとなりました。

益々、マヌカハニーの魅力に引き込まれた私はこのはちみつで長年悩んできたニキビを治すことができないか?と思い、その日からパックを始め、お肌にマヌカハニーを塗布してみることにしました。

 

はちみつとの出会い(2)へつづく^^